名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

アロママッサージに必要なもの決定版!これを読めばアロママスター!

目次

①キャリアオイル・精油の選び方
②【目的別】おすすめの精油
③アロママッサージの注意点
④今回のまとめ

 

 

 

アロママッサージに必要なものは

● キャリアオイル(マッサージするための植物油)
● 精油(花や果実などの有効成分を抽出したもの)
● オイルをふき取るためのタオル

だけです。

 

キャリアオイルと精油にはそれぞれ効能があるのでオイルは吹き取らなくてもいいですが、ベタつきが気になるようであれば拭き取りましょう。

 

「むくみが気になるからマッサージしたい」など、マッサージを目的としている場合はキャリアオイルさえあれば十分なのですが、アロママッサージには「精油」が欠かせません。

 

精油は花や果実の有効成分を抽出した濃厚なエッセンスで、キャリアオイルに薄めて使用することでさまざまなメリットをもたらします。

 

アロママッサージを始めるにあたり「キャリアオイル」と「精油」を購入する必要がありますが、それぞれ種類がたくさんあるため迷ってしまいますよね。

 

ここからは「キャリアオイル・精油の選び方」について解説していきます。

 

おすすめの精油やアロママッサージの注意点についても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

①キャリアオイル・精油の選び方

 

まずはキャリアオイルです。

 

キャリアオイルはマッサージの動きをより滑らかにしてくれるだけでなく、精油を薄めて刺激をやわらげたり、精油が皮膚から揮発するのを抑えて有効成分が皮膚へ吸収されやすくする働きがあります。

メモ:揮発とは常温で液体が気体になること

 

精油は揮発性があるので、不揮発性のキャリアオイルと混ぜることで皮膚からの揮発を抑えられるのです。

 

キャリアオイルの選び方としては、

● 自分の肌質に合うか
● 自分の好みに合うか
● 100%天然成分かどうか

を重視して選びましょう。

 

それぞれの特徴や作用を見て判断するのはもちろん、近くにアロマショップがあれば実勢にテスターを使って体感してみてください。

 

酸化しにくく顔にも身体にも使うことができる「ホホバ油」や、軽くサラッとした使い心地の「グレープシード油」、ほとんど無臭で古くから化粧品の材料として使われている「スイートアーモンド油」あたりは特に人気がありますよ。

 

つぎに精油です。

 

精油は

● 好みの香りのもの
● 遮光ビンに入ったもの
● 無農薬の有機栽培による植物を使用しているか

を基準に選んでみてください。

 

アロママッサージを楽しむためには「好みの香り」であることが大切です。自分好みの香りに癒されながら、心地よくマッサージをすることでよりリラックス効果が高まります。

 

効能を重視して好みではない香りをチョイスしても、かえってストレスになることもあるので注意しましょう。

 

また、遮光性のガラスビンに入っているかどうかも重要。というのも、精油は光や熱によって成分変化しやすいのです。

 

大概は遮光性のガラスビンに入って販売されていますが、そうでないケースもあるので注意してください。

 

精油はインターネットなどでも簡単に手に入れることができますが、無難なのはアロマショップで購入することです。

 

ネットでは類似品を「アロマオイル」として売られていることもあるので、100%天然成分のものを選んでください。

 

知識の豊富な販売員のいる専門店なら、初心者の方でも安心して購入できますよね。

 

価格設定は業者によってピンキリです。

 

値段は貴重性・抽出方法・植物の育て方や場所によって変動するのですが、正直言って高ければ高いほどいい、というわけでもありません。

 

アロママッサージに初めて挑戦する方は、比較的有名なアロマショップの中から、お気に入りのメーカを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

②【目的別】おすすめの精油

 

ここで、目的別におすすめの精油を簡単にご紹介します。

 

定番の精油をグループごとに分けてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

シェイプアップ向き ジュニパー、サイプレス、ブラックペッパー、ユーカリプタス
ストレス緩和 ラベンダー、マージョラム、カモミール、ペパーミント
食欲不振 柑橘系のもの、ブラックペッパー、ペパーミント、ローズマリー
食欲抑制 グレープフルーツ、オレンジ、バニラ
不安を解消したい時 ベルガモット、ラベンダー、マンダリン、サンダルウッド、ローマンカ
モマイル、ベチバー、シダーウッド、ネロリ、ローズオットー、メリッ
サ、ゼラニウム、ジュニパー、フランキンセンス、パチュリー

※特徴や禁忌をよく確認した上で選んでください。

 

 

 

③アロママッサージの注意点

 

無事に自分に合ったキャリアオイルと精油が見つかったら、実際に使ってみましょう。

 

● キャリアオイルに対して精油は濃度1%以下で希釈する
● 目立たない部位で簡単にパッチテストをしてみる
● 光毒性のある精油の使用は日中は控える
● やさしくマッサージしながらオイルを浸透させる

 

これらのポイントを抑えればOK。精油の香りを楽しみながら、リンパを流すようにマッ
サージしましょう。

 

 

 

④今回のまとめ

 

● 精油とキャリアオイルが必要
● 100%天然成分かどうかをチェック
● 香りやテクスチャーが自分の好みに合うかどうか
● 精油は光や熱によって成分変化しやすい
● 無難なのはアロマショップで購入すること