名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

塗布とは?塗布量はどのくらい?|アロママッサージの基礎知識

目次

①そもそも塗布とは?
②アロマオイルの塗布の仕方は?
③アロマオイルの塗布量はどのくらい?
④~おわりに~

 

 

 

癒しやリフレッシュ、美肌にアプローチできるアロママッサージは、セルフで行う・サロンで受けることにかかわらず、どんな塗布の仕方・塗布量が効果を引き出すのか、興味を惹かれている人も多いのではないでしょうか?

 

アロママッサージのさまざまなオイルは、ケアをする部位によって、塗布の仕方・塗布量が大きく変わってくることもあるんです。

 

ここでは、アロママッサージの興味深い基礎知識、アロマオイルを塗布する仕方と、部位別の塗布量をまとめてご紹介!

 

これからアロママッサージをセルフでする人、サロンで働き始めたばかりの人は、ぜひ塗布量・塗布の仕方を参考にしてくださいね。

 

 

 

①そもそも塗布とは?

 

アロママッサージの「塗布」とは、手肌にたっぷりのアロマオイルを取り、ボディやお肌に馴染ませ、マッサージをしながら塗り込むことを言います。

 

アロママッサージのファーストステップとなる塗布には、

 

・心身のリラクゼーション
・お肌の保湿や保水
・血行促進
・筋肉のコリを和らげる
・デトックス

 

などの目的・効果があり、エステティシャンの研修や、各検定・資格取得の際の基本的な知識・ノウハウとしても学ぶことができます。

 

 

 

②アロマオイルの塗布の仕方は?

 

アロママッサージをサロンで受けると、エステティシャンの手肌とアロマオイル、自分自身の皮膚がまるで一体化するような心地よさを感じることがありますよね。

 

アロママッサージがどんな女性にとっても心地よい・繰り返し受けたいと思うのは、アロマオイルの塗布の仕方にこだわりのポイント・秘訣が隠されているからなんです。

 

 

①手肌にアロマオイルを馴染ませ、温めて塗布する

アロママッサージのアロマオイルの塗布の基本的な方法は、たっぷりのアロマオイルを手に取り、軽く手肌の上に馴染ませて温めてから、お肌の奥深くに浸透させること。

 

アロママッサージサロンのエステティシャンがオイルを手肌に取り、軽く温めるのは、ほのかな温かみのあるアロマオイルを使うと、皮膚内部への浸透・密着力が高まると言われているので、このステップは多くのサロンで採用されています。

 

 

②部位やお客さまの希望によって強さを加減する

アロママッサージの塗布の仕方は、肩や腰、背中やレッグラインなど、マッサージをする部位・お客さまの好みによって強さを調整することがあります。

 

これは、お腹やデコルテなどに比べると、肩や腰、背中やレッグラインは活動量の多いパーツで、疲労物質が溜まりやすく疲れを感じやすいため。

 

そのため、疲れが溜まりやすいパーツはやや強めのチカラでアロママッサージをし、皮膚が薄いデコルテやネックラインは、比較的弱め・ソフトなタッチでアロマオイルを塗布し、馴染ませていく方法が一般的になっています。

 

また、アロママッサージを受けるお客さまによっても、その塗布の仕方は変わってきていて、

 

・敏感で痛みに弱い体質の人の場合はソフトなタッチ
・疲労が蓄積している、強めのマッサージを希望するお客さまには一般的なレベルよりも強めのマッサージをする

 

こともあるんですよ。

 

 

 

③アロマオイルの塗布量はどのくらい?

 

アロママッサージの塗布の仕方に合わせて気になるのが、アロマオイルの塗布量ではないでしょうか?

 

アロママッサージに使うアロマオイルの塗布量は、マッサージをする部位によって違いがあるので、ここでは気になる目安量について参考にしてみましょう。

 

 

①アロマオイルの塗布量は多めが基本

アロママッサージを受けると、たっぷりの量を使うことで、マッサージ後もお肌がしっとり、つややかな状態をキープできますよね。

 

アロママッサージのサロンでは基本的に、癒し・美肌・健康へのアプローチができるアロマオイルの塗布を多めにしていて、

 

・塗布量を多めにするとスムーズにマッサージができる
・お肌への摩擦、刺激を最小限に抑えられる
・アロマオイルに含有された美容、癒しの成分をたっぷりと補える

 

などのメリットがあります。

 

癒しや美肌に効果的なアロママッサージでも、アロマオイルの塗布量が少なすぎると、マッサージに時間がかかったり、お肌に良くない影響を与えてしまうことがあるため、セルフの際も惜しみなくたっぷりのアロマオイルを塗布することがポイントです。

 

②アロマオイルの塗布量を部位別にまとめると…?

アロママッサージの際のアロマオイルの気になる塗布量は、顔やネックライン、手肌や脚の裏などの狭いパーツは、500円玉硬貨くらいの大きさの量を、1~2回塗布することが一般的だと言われています。

 

代わって、背中や腰、腕から肩、両足などは、範囲が広いことで500円玉硬貨くらいの大きさの量を、2回~4回程度に分けて塗布することが一般的になっています。

 

アロママッサージのアロマオイルの塗布は、広いパーツほど塗布量が増えていく特徴があります。

 

ですが、上質で高級、話題性の高いアロマオイルほど、少量でも伸びが良いと言われているため、このようなアロマオイルを採用しているサロンでは、一般的な塗布量よりも少なめになることもあるようです。

 

 

 

④~おわりに~

 

知れば知るほどにますます興味が湧いてくるアロマオイルの基礎知識・塗布の仕方や塗布量は、意外に知られていなかった特徴・メリットがたくさんあるんですね。

 

アロマオイル本来の効能をお肌・ココロ・カラダのすべてで感じることができるよう、お伝えした塗布の仕方・塗布量を見直しながら、セルフのアロママッサージ・サロンでのお仕事に役立ててみてはいかがでしょうか。