名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

アロママッサージでむくみ対策!頻度やおすすめの精油は?

目次

①むくみの原因
②アロママッサージの頻度
③むくみ対策におすすめの精油
④アロママッサージをする余裕がない日はアロマバスもおすすめ◎
⑤今回のまとめ

 

 

 

いつもより太く見えてしまう「むくみ」は、美意識が高い人にとっては大敵ですよね。

 

立ち仕事はもちろん、デスクワークでもむくみは起こり、日常的にむくみで悩まされている人も多いのではないでしょうか。

 

特に脚はむくみやすく、脚がパンパンになるだけでなく痺れやだるさを伴うこともあるほど。

 

「老廃物が溜まりやすくなりセルライトの原因にもなる…」なんて言われるほどで、できることなら「むくみはその日のうち」に解消したいものです。

 

むくみ対策には「アロママッサージ」がおすすめですが、サロンでプロに任せつつ、自宅でも毎日簡単なアロママッサージをするとより効果的です。

 

むくみ対策としてアロママッサージを行う場合、どのくらいの頻度が理想なのか?むくみ対策におすすめの精油は?ということで、「アロママッサージとむくみ対策」について見ていきましょう。

 

 

 

①むくみの原因

 

まずはむくみの原因を知り、なるべくむくまないように心がけることが大切です。

 

静脈の血液は重力に逆い心臓に向かって流れており、静脈には逆流を防止する弁が備わっています。

 

通常は足の筋肉による「筋ポンプ作用」によって血流が促されるのですが、立ったままの状態や血流が悪い状態が続くと心臓に向かって流れる血液が停滞し、血管内から血管外へ血液の水分が浸み出て「むくみ」につながります

 

加えて運動不足や体の冷え、水分や塩分の過剰摂取などが加わると、さらにむくみやすい状態に…。

 

立ち仕事をしていなくても体にむくみが出るのはこのためです。

 

ビタミンやミネラル不足により、余分な水分が排出されないまま体に溜まっていることもあります。

 

心臓から遠いところにある「ふくらはぎ」は特にむくみやすく、「夕方になると足が太くなる」と悩んでいる人も多いですよね。

 

むくんでいる=血流が悪くなっているということでもあるので、アロママッサージで体を温め血流を促しつつ、筋トレや栄養バランスの良い食事を意識することがむくみにくい体質を手に入れる鍵です。

 

「アロママッサージさえやっておけばいい」ということではなく、アロママッサージでスッキリした体を長く維持するためにも、むくみにくい体質に改善するためにも、

 

● 定期的なアロママッサージ
● 塩分の過剰摂取は気をつける
● 栄養バランスの良い食事
● 筋トレで筋肉をつける
● 質の良い睡眠をとる

 

といった努力が重要になります。

 

 

 

②アロママッサージの頻度

 

アロママッサージの頻度を、プロに任せる場合と自分で行う場合で見ていきましょう。

 

 

【プロに任せる場合】

アロママッサージに通う場合、最初のうちは週1、週2と頻繁に通ってOK

 

ある程度「体質が改善してきた!」という実感が出てきたら、月に1回というように期間を空けるといいでしょう。

 

通える頻度は人によりますが、無理せず、心地いいペースから始めてみてください。

 

 

【自宅で行う場合】

リンパは24時間休むことなく稼働しているため、自宅で行う場合は毎日やるのがおすすめです。

 

むくみやすいふくらはぎや膝回りだけでもいいので、ストレスにならない程度で毎日の日課にするといいでしょう。

 

初心者の方は、アロマオイルの原液を直接肌に塗らないように注意してください。

 

植物油20mにアロマオイルを2~4滴混ぜて、むくみが気になる箇所に塗布しマッサージを行います。

 

 

 

③むくみ対策におすすめの精油

 

 

ここで、むくみ対策におすすめのアロマオイルをご紹介します。

 

ジュニパー 腎臓の働きを高めて利尿を促す作用が強いので、どれか1つを選ぶならこれです。
グレープフルーツ リンパの流れを促進し、利尿作用もあります。むくみやセルライトに効果的なアロマオイルで、足がだるい時にもおすすめ。

初心者でも使いやすい香りですが、肌についた状態で紫外線に当たると皮膚にダメージを与える作用があるので、就寝前に使用してください。

ゼラニウム 身体のバランスをとってくれるアロマオイルで、体内の余分な水分や老廃物を排出してくれます。ホルモンバランスの乱れによるむくみにも有効です。
サンダルウッド リンパの流れを促進する作用があり、リラックス効果も高いです。

 

 

 

④アロママッサージをする余裕がない日はアロマバスもおすすめ◎

 

アロマバスは手間がかからず簡単で取り入れやすい方法です。

 

バスソルトにアロマオイルを5滴ほど混ぜて、あとはゆっくり湯船につかるだけ。

 

バスソルト自体に発汗作用がありますが、アロマオイルとの相乗効果で老廃物を排出しやすくなります。

 

もっと手軽にやりたいなら足湯もおすすめ。足浴のみでもリンパの流れを促進する作用があるので、足が冷えている時は洗面器に40度くらいのお湯を入れ、アロマオイルを3滴入れて足浴を行ないます。

 

 

 

⑤今回のまとめ

 

● アロママッサージはむくみ対策に有効
● 定期的なアロママッサージに加え複数の努力も重要
● 自宅でアロママッサージを行う場合は毎日やるのがおすすめ
● むくみ対策におすすめのアロマオイルを1つ選ぶならジュニパー
● アロマバスや足湯もおすすめ