名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

アロママッサージで幸せホルモン「オキシトシン」を増やせ る!?

目次

①そもそも「オキシトシン」ってなに?
②施術で使用する「アロマ(精油)」の香りもオキシトシンの分泌を促進する
③アロママッサージはメンタルケアとしてもおすすめの施術
④今回のまとめ

 

 

 

いきなりですが、「オキシトシン」というものを耳にしたことはありますか?

 

別名「幸せホルモン」「愛情ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンは、肌と肌が触れ合うことによって分泌されるもので、メンタルヘルスに重要な脳内物質です。

 

アロママッサージを受けたことのある人ならわかるかと思いますが、
「アロママッサージを受けて心身ともに癒された」
「不安感やイライラが軽減された」
「なんか気持ちが晴れてハッピーな気分!」
という気持ちになりますよね。これもオキシトシンが関係しています。

 

 

 

①そもそも「オキシトシン」ってなに?

 

わかりやすく言うと、スキンシップやグルーミングによって分泌される脳内ホルモンの一種です。

 

グルーミングとは動物が体の衛生や機能維持などを目的として行う行動で、からだなどを清潔に手入れすることを指します。サルが仲間同士で毛づくろいをしたりしますよね。

 

グルーミングは社会生活を営むために重要な役割なのですが、ヒト同士の触れ合いもその一つです。

 

オキシトシンはスキンシップやグルーミングによって分泌が促されてさまざまなメリットをもたらします。

 

例えばオキシトシンには以下のような効果があります。

 

● 多幸感が得られる
● 免疫力アップ
● ストレスが緩和する
● 不安が減少する
● 学習意欲の向上
● 他者への信頼の気持ちが増す

 

オキシトシンの働きが悪いと不安やストレスを感じやすくなるだけでなく、孤立的に振舞うようになったり、幸せとは逆方向に歩んでいくことにもなりかねません。

 

幸せな日々を送るのに、オキシトシンは重要な「鍵」となるのですね。

 

アロママッサージでオキシトシンを増やせる原理まずオキシトシンの分泌を促す方法から説明すると、直接肌が触れ合うスキンシップだけでなく、見つめあったり楽しい会話をするだけでもいいとされています。

 

より効果的な方法が肌と肌を触れ合わせることです。手をつないだり抱き合ったり、「触れる」にはさまざまな方法がありますね。もちろんペットを撫でるといった触れ合いも含まれます。

 

肌と肌を触れ合わせる方法はさまざまですが、人間と人間の触れ合いの場合は「手」がポイントとなります。

 

手をつないだりハンドマッサージをすると、効果的にオキシトシンの分泌を促すことができるというわけです。

 

とはいえ一人では手をつないだりハンドマッサージはできません。そこでおすすめなのがマッサージやエステといった心地よいスキンシップです。

 

アロママッサージではエステティシャンが「手」を使って体をほぐしてくれますが、施術中は手のぬくもりをずっと感じることができ、体が癒されると共に心も満たされていくものです。

 

 

 

②施術で使用する「アロマ(精油)」の香りもオキシトシンの分泌を促進する

 

アロママッサージはオキシトシンを増やす方法としては最適な方法。

 

というのも、手のぬくもりをずっと感じることができるだけでなく、アロマ(精油)の香りもオキシトシンの分泌を促進するためです。

 

アロマをかいで、ホッと癒された経験はありませんか?それはきっとオキシトシンが脳から分泌されたのでしょう。化粧品会社の研究でも、このことが明らかになっています。

 

ローズ、オレンジフラワー、バイオレットなどの天然精油を含む香りを女性にかいでもらい、効果を検討しました。その結果、脳から「オキシトシン※1」と呼ばれるホルモンが分泌されることを発見しました。
引用:MENARD

 

アロママッサージでは好きなアロマを選び施術をおこないますが、「触れ合い×アロマの香り」の相乗効果でより多くのオキシトシンが分泌され、癒しや多幸感につながりますよ。

 

アロママッサージでプロの施術を受けるもよし、パートナーや家族でマッサージをし合うのもよし、日常の中に「触れ合い」を意識することで、精神的にも健康な日々が送れます。

 

 

 

③アロママッサージはメンタルケアとしてもおすすめの施術

 

「気持ちが塞ぎがち」
「なんとなく寂しい」
「人を信用できない」

 

このような感情が邪魔をして幸福感を感じられないなら、その原因はオキシトシンが不足しているからかもしれません。

 

アロママッサージをリラクゼーション目的で受ける人がほとんどですが、精神状態までも良くしてくれる施術なので、幸せホルモン「オキシトシン」を増やしたい方はアロママッサージを受けてみるといいでしょう。

 

暗いニュースばかりで気が滅入ってしまったり、孤独感を感じたり…そんな時こそ人との触れ合いを通じてオキシトシンが必要になります。

 

オキシトシン不足で不安や孤独感、ストレスが強い時は、思考力の低下も招きます。この状態では本来の能力を発揮することは難しいですよね。

 

アロママッサージはメンタルケアとしてもおすすめの施術なので、
● 安心感を得たい
● 精神的な疲れを癒したい
● 思考力を取り戻したい
● 孤独感をどうにかしたい
という場合にもぴったりです。

 

 

 

④今回のまとめ

 

● 幸せな日々を送るのにオキシトシンは重要な「鍵」となる
● アロママッサージはオキシトシンを増やす方法としては最適な方法
● 触れ合い×アロマの香りの相乗効果でより多くのオキシトシンが分泌される
● アロママッサージはメンタルケアとしてもおすすめの施術
● 日常の中に「触れ合い」を意識しよう!