名古屋市中区大須 ドライヘッドスパ(頭のほぐし専門店)

アロママッサージで眠くなるのはリラックスできている証拠!

目次

①アロママッサージで眠くなる理由
②「アロママッサージ×睡眠」で得られる効果
③アロマの香りは質の良い睡眠へ導いてくれる
④眠くなったらうとうと気分に浸ろう!
⑤今回のまとめ

 

 

 

アロママッサージ中にうとうと…。「経験がある!」という人も多いでしょう。

 

「施術中に本当に眠ってしまって、1時間損した気分!」と笑い話になることもありますよね。

 

しかし、アロママッサージで眠くなるのは深くリラックスできている証拠です。

 

「アロママッサージ×睡眠」で得られる効果というものもありますよ。

 

そこで今回は、アロママッサージでなぜ眠くなるのかや、アロママッサージ×睡眠で得られる効果について解説していきます。

 

 

 

①アロママッサージで眠くなる理由

 

アロママッサージで眠くなる理由を挙げるとすると、

● 副交感神経が活発になる
● リンパ循環が改善される
● セロトニンやエンドルフィンが増加する
● アロマの香りで癒される

 

の大きく4つです。あくまで仮説ですが、理由を考えるとこのようになります。

 

リラクゼーションを目的としたアロママッサージは、単純に気持ちよくて眠ってしまう、というケースが多いです。

 

交感神経よりも副交感神経が優位に働くと心身ともにリラックスできるため、うとうとしてしまうのですね。

 

アロママッサージでは身体や肌の状態に合わせた力加減で心地よく血流を促進していくため、体がポカポカしてくることで眠くなることもあるでしょう。

 

また、神経伝達物質の「セロトニン」や「エンドルフィン」の増加も考えられます。

 

セロトニンとはストレスに対して効能のある脳内物質で、精神安定作用ももっています。

 

エンドルフィンとは鎮痛作用や多幸感をもたらすホルモンで、 身体がリラックス状態になります。

 

この2つのホルモンにより、より眠気を催すことになるでしょう。

 

アロママッサージといえば「アロマの香り」ですよね。このアロマの香りもリラックス効果を高めてくれるため、より睡魔に襲われやすくなります。

 

このように、アロママッサージは「眠くなる要因」がたくさん挙げられる施術になり、眠ってしまうことも珍しくありません。

 

 

 

②「アロママッサージ×睡眠」で得られる効果

 

ここからは、「アロママッサージ×睡眠」で得られる効果について解説していきます。

 

まず、アロママッサージで得られる効果といえば、

● リラックス効果
● 疲労回復
● 免疫力アップ
● 血液やリンパの流れを促進する
● 自律神経のバランスを整える
● ストレスホルモンの減少

 

といったものです。

 

 

つぎに睡眠で得られる効果を見ていきましょう。

 

● 疲労回復
● 美肌効果
● 生活習慣病の予防
● ストレスやうつ症状の緩和
● 記憶力を高める
● 集中力を高める

 

アロママッサージで得られる効果と被っている部分もありますが、それぞれのメリットが相乗効果を生むことも期待できますし、よりリフレッシュにつながることでしょう。

 

また、眠っているときは筋肉に力が入っていない状態になるため、マッサージ効果をより高めることも期待できますよ。

 

というのも、マッサージを受ける際に緊張して体に余計な力が入ってしまうこともあるのです。

 

アロママッサージを受け慣れていない人はとくにそうではないでしょうか。

 

「力を抜いてください」と言われた経験がある人もいるかもしれませんね。

 

「アロママッサージを受け慣れていなくて体に余計な力が入ってしまう」という人も、睡魔を感じたのならリラックスできている証拠なので、睡魔に勝とうと頑張るのではなくうとうと気分に浸ってみてくださいね。

 

 

 

③アロマの香りは質の良い睡眠へ導いてくれる

 

先述した通り、アロマの香りもリラックス効果を高めてくれます。

 

アロマの香りには自律神経のバランスが整えたり副交感神経を優位にする働きがあるため、質の良い睡眠へ導いてくれるのです。

 

とくにラベンダーやベルガモット、サンダルウッドなどは睡眠の質を高めてくれるので、睡眠導入として日常に取り入れてみるといいでしょう。

 

アロマデフューザーで香りを楽しむだけでもいいですし、セルフでアロママッサージをしてみてもいいですね。

 

 

 

④眠くなったらうとうと気分に浸ろう!

 

「ここで寝ちゃうともったいないし、頑張って起きておこう」「お金払ってるし絶対に寝ないぞ」と意気込む人もいますが、それでは余計な力が入ってしまいます。

 

確かに施術中の記憶がないというのはもったいなく感じるかもしれませんが、一生懸命起きようと頑張っていると逆に疲れてしまうかもしれません。

 

 

心地よさよりも「寝ないようにすること」に意識がいく状態ですね。

 

それではせっかくのアロママッサージも台無しになるので、「施術時間の半分くらい寝ちゃってもいい」「心身ともにリラックスするのが目的だから寝ちゃってもOK」眠くなったらこのくらいの気持ちでうとうと気分に浸るといいですね。

 

たった10分〜20分程度の睡眠だったとしてもその間は深くリラックスできるので、満足度も高いです。

 

 

 

⑤今回のまとめ

 

● 副交感神経が優位に働いて眠くなる
● 眠くなるのは深くリラックスできている証拠
● 相乗効果を生むことも期待できる
● アロマの香りは質の良い睡眠へ導いてくれる
● 眠くなったらうとうと気分に浸ろう!